薬膳料理と美容と健康

今年は遠くへ旅に行くことは少なかったものの、道内の温泉はたくさん行きました。

 

先月11月に早くも1年の締め括りとして、札幌南区定山渓にある女性のための宿「翠蝶館」へ。

 

 

私ここに住みたい!と連呼しながらも、毎年くることを一方的にお約束しました。

 

 

温泉はもちろん、思う存分くつろげるこの「ごろごろスペース」がお気に入り。

 

 

憧れの雑誌リシェスを抱きながら、このまま古墳のように骨を埋めたい。そんな気分。

 

 

楽しみにしていた薬膳料理のフルコース。

 

 

薬膳と言っても苦かったり食べにくいわけではなく、

一つ一つ味わい深くて、食材の良さも引き出されていました。

 

 

お口直しには紅葉のシャーベット。

 

 

季節によっても内容は変わると思いますが、きのこを使ったお料理が多い印象でした。

秋の味覚と香りを味わうことができ、体が温まっていくのを感じました。

 

 

薬膳料理と聞くと、なんとなく気合を入れて食べる印象だったのですが、

日々の食事に少しずつでも取り入れることができるんじゃないかと思い、

ますます食への関心が深まる体験でした。

 

 

 

朝食もお野菜いっぱいです。

 

 

温野菜たっぷりのトルティーヤでした。

 

帰りに、お土産にいただいた最中もオシャレでした。

 

 

こちらはほうじ茶の最中。

プリンを挟むような可愛らしい出で立ち。

 

 

 

つかの間のデトックスができたひととき。

美人になった気がする〜!とお友達と年甲斐もなくはしゃいでしまったお時間でした。

 

Leave a Reply