自分のための食事

今年のお仕事で特に印象に残っていることの一つは、

素敵なホテルに泊まり込みでチョークアートを製作したことです。

2014年よりニセコにオープンされたホテル「木ニセコ」。

木を基調としたインテリアで、リゾートのひとときを思う存分に堪能できる空間。

お部屋からは羊蹄山も見えました。

この日はレストランの看板を4枚製作ということで、割とタイトなスケージュール。

製作しながらお部屋内でのお食事でも良かったのですが、

レストランでのコース料理が評判だったので、食事の時間だけはレストランを利用させていただきました。

この選択が、こんなにも心に残る思い出になるなんて!

一人でのコース料理。

どこを見ながら食べていいのかわからず、ドキドキとソワソワしてしまいました。

お食事は一つ一つ芸術品でした。

いつもご飯を片手に製作をしていると、料理はただの空腹を満たすだけの「エサ」のように感じてしまいます。

こちらのような立派な料理じゃなくても、日々の丁寧な「食事」の時間を自分のためにつくるということ。

それが、こんなにも「生きる」実感になるんだと気づかされた体験でした。

結局3時間しか寝られずに製作した作品は、こちらの4点。

日を改めて、ランチにも行きました。

これからも澄んだ空気を浴びに、ニセコへ通いたいと思います。

Leave a Reply