だて歴史文化ミュージアムがアツい

今年2019年4月北海道伊達市に、

オープンされたばかりの「だて歴史文化ミュージアム」。


10月4日から開催されている、

特別展「伊達政宗と伊達成実展」と常設展を鑑賞しました。


日本史が苦手で、今まで興味を持たずにいたので、

展示を観ても楽しめるか不安でしたが、

そんな私でも、じっくり見入ってしまうほど、面白い時間でした。

伊達家の本家と分家で、「家紋」の葉の数が異なるそう。

比べてみると、本家の方が葉が多くて豪華です。


特別展の伊達政宗と伊達成実の甲冑も

火縄銃の跡があったりとリアルでしたが、

特に個人的に興味深かったのは、

常設展の北海道の開拓・アイヌの展示です。


蝦夷地(北海道)は「縄文時代」から「続縄文時代」、

「擦文時代・オホーツク文化」と変わり、

江戸時代が終わるまでずっと「アイヌ文化」だったそうです。


今となっては、北海道米や農作物が人気なのに、

蝦夷地では稲作・農耕をする弥生時代がなかったなんて、

なんだか不思議な縁だなと思います。


続縄文時代で、狩猟をしていない時間は

土器や道具に装飾を施す文化が発達したとのことでした。

こちらは数年後には世界遺産になるかも?と。


アイヌ文様も、住む地域によって特徴が違ったり、

いろんな地域の文化と接触して、

文化は変容していく様子に触れることができました。


原点に触れつつも、いろんな文化を受け入れ、交流をして新しい文化をつくっていく。


今この瞬間も、いつかは歴史の1つになっていると改めて感じられた展示でした。


展示では、火縄銃を持ち上げて重さを体感することができたり、

縄文時代のアクセサリーをつけてみることができたり楽しめます。


常設展では写真撮影OKだったのと、

「ポケット学芸員」というアプリで、解説を見ることができるので、

ミュージアムから出た後にも、

展示を見返したり振り返ることができ、より楽しむことができました。


道の駅へ行くがてら、

是非「だて歴史文化ミュージアム」にも

足を運んでみてはいかがでしょうか。


ちなみに、だて歴史文化ミュージアムの案内・スケジュールの

フライヤーデザインを制作しましたので、

良ければそちらもお手にとっていただけたら嬉しいです。

Leave a Reply